腎臓病予防食をお探しなら/人気の宅配弁当3社の比較表

宅配弁当

腎臓病予防食をお探しなら/人気の宅配弁当3社の比較表

腎臓病の食事は低塩分、低たんぱくが基本です。

このページでは腎臓病患者や腎臓病予防のためのコースを設定している人気宅配弁当業者を比較し検証していきます。

腎臓病食対応の冷凍宅配弁当業者の比較

まごころケア食 ウェルネスダイニング つるかめキッチン
コース名 たんぱく調整食 たんぱく&塩分調整食 たんぱく&塩分制限
栄養成分 たんぱく質10g以下

塩分2.0g以下

カリウム500mg以下

カロリー300kcal以上

リン 200mg以下

たんぱく質10g以下

塩分2.0g以下

カリウム500mg以下

たんぱく質10g以下

塩分2.0g以下

カリウム500mg以下

価格(税込み) 7食 4200円

(1食あたり600円)

14食 6880円

(1食あたり491円)

21食 9880円(1食あたり470円)

7食 5184円

(1食あたり741円)

14食 10152円

(1食あたり726円)

21食 15012円

(1食あたり715円)

7食 5508円

(1食あたり787円)

14食 10476円

(1食あたり749円)

21食 15336円

(1食あたり731円)

送料 送料無料 初回送料無料

2回目以降

都度購入 700円

定期購入 350円

定期便 送料無料

定期便は1回でも解約可

 

 

腎臓病患者向けの食事ってどんなんだろう?

腎臓病食は、低たんぱく、低塩分が基本です。

まごころケア食

まごころケア食は腎臓病患者様向けのメニューとして、たんぱく調整食を設定しています。

塩分も2.0g以下に設定されていますので腎臓病の人や腎臓病予防をお考えの人におススメです。

3社の中で一番低価格なのが「まごころケア食」です。

 

 

ウェルネスダイニング

ウェルネスダイニングの特徴は、電話サポートがしっかりしている点です。

管理栄養士に相談が気軽にできるため安心です。

 

つるかめキッチン

つるかめキッチンの特徴は特殊な冷凍技術です。

鮮度を保つため製造後、一旦真空冷却機にいれて20℃以下まで温度を下げ、
盛付ラインで弁当容器に盛り付けてからフリーザー(おおよそ10分程度-40℃の温度帯)にいれて急速冷凍しています。徹底した冷凍方法で作り立ての美味しさと、栄養をお届けします。

まとめ

以上、腎臓病患者さんや、これから腎臓病予防のため食事制限をお考えの人に、人気宅配弁当の中で、タンパク質と塩分を制限したメニューを設定している業者3社を比較しました。

栄養成分や内容には大きな違いは無いように思いますが、価格は「まごころケア食」が一番良心的な価格となっています。

腎臓病食をお考えの人は参考にしていただけるとありがたいです。

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました