配達地域は全国対応!人気の冷凍宅配弁当を比較してみた。

宅配弁当

配達地域は全国対応!人気の冷凍宅配弁当を比較してみた。

「田舎に住んでいる両親の食事が心配で、宅配のお弁当をたのみたいんだけど、どの業者も配達エリア外で配達業者が見つからない。」

このような事でお悩みの人はいませんか?

冷凍のお弁当なら全国対応で配達してくれる業者がほとんどです。

このページでは、全国対応の冷凍のお弁当の人気5社をピックアップし比較していきたいと思います。

 

宅配弁当も同じような業者がたくさんあって、選ぶのが難しいな??

業者によってコースも色々るので、

一覧表を用意しました。

冷凍宅配弁当比較表

nosh-ナッシュ まごころケア食 ウェルネスダイニング ワタミの宅食ダイレクト つるかめキッチン
アレルギー対応
コース 低糖質 低糖質 低糖質 低塩分低カロリー 低糖質
低塩分 低塩分 低塩分 おまかせコース 低塩分
高たんぱく 低カロリー 低カロリー 低カロリー
栄養バランス 栄養バランス 栄養バランス 栄養バランス
低たんぱく低塩分 低たんぱく低塩分 低たんぱく低塩分
やわらか食 健康食 やわらか食
メニュー自由選択
1食あたり価格(税込み) 614円~ 452円~ 648円~ 615円~ 663円~
送料(税込み) 地域によって変わる

送料表はこちら(税込み)

0円

沖縄県と一部の地域は配達不可

初回0円

都度購入770円

定期購入350円

4食入りお試し0円

定期購入800円

 

定期購入0円

定期購入条件 自由に解約、変更できる 自由に解約、変更できる 自由に解約、変更できる 3回の縛りあり。 自由に解約、変更できる
キャンペーンやクーポン

(期間により終了している場合もあります)

初回1000円引き

購入毎に割引クーポン

定期便定価から180円の割引き

定期購入の初回にクーポン配布

定期コースはお茶碗プレゼント 特になし 特になし
公式ページ ナッシュの公式ページ まごころケア食の公式ページページ ウェルネスダイニングの公式ページ ワタミの宅食ダイレクトの公式ページ つるかめキッチンの公式ページ

 

最適な冷凍宅配弁当を選ぶ優先順位は?

アレルギー対応か?

食品アレルギーをお持ちの人が誤ってアレルギー食品を食べてしまうと危険です。時には命にかかわる事故につながる事もあります。

購入前にアレルギー対応をしっかり確認することが重要です。

アレルギー対応のナッシュの詳細はこちら

自分の体調に合ったコースはあるのか?

宅配のお弁当には、糖質制限、塩分制限、カロリー制限などや、高齢者向けの柔らかいおかず、また普通の健康食など、業者によってコースも様々です。自分に合ったコースを設定の業者を見付けましょう。

メニューを自分で選べるか?

コースで注文するタイプのお弁当は、業者が用意したお任せのメニューが届けられることがほとんどですが、業者によっては自分でメニューを選べる注文方法をとっているところもあるんです。好き嫌いの多い人にはありがたいですね!

1食あたりの価格は?

業者によって1食当たりの価格は違います。弁当の価格+送料でいくらになるのかを計算することが必要なんです。

送料は?

業者によって初回のみ送料無料、一律800円など変わってきます。送料の違いによって1食あたりの価格も変わってきますのでしっかり確認しましょう。

定期購入の条件は?

通常より安く買えるので定期購入にしたけど、解約時に違約金が必要、なんてことが無いよう確認が必要です。

キャンペーンやクーポンは?

キャンペーンやクーポンは購入を決める際には大きなポイントとなります。

特に購入毎に受け取れるサービスは次回に利用できるため継続する際、とてもありがたいサービスです。

近年の冷凍技術の進化

一昔前までは、冷凍食品は、栄養もなく味も美味しくないというイメージが強かったですよねえ。

でも今の冷凍技術は違います。

出来上がり後すぐに急速冷凍で冷やすため食材の細胞を壊さず冷凍できるようになりました。

味も栄養も作り立てと変わらないんです。

冷凍宅配弁当のメリット

・全国対応

一般の宅配弁当は配達エリアが都市部に限られています。

でも、冷凍のお弁当は宅配業者が配送しているため、一部の地域を除き全国ほとんどの地域に発送可能なんです。

・賞味期限が長い

一般の冷蔵のお弁当に比べ、冷凍のお弁当の賞味期間は長く3ヶ月~1年もあります。これなら期限を気にせず購入することができますね。

・受け取りが簡単

毎日届けられる一般のお弁当では、配達される時間帯に在宅が必要な場合があります。冷凍のお弁当は宅配業者の配達のため、受け取り時間も指定できるんです。

不在の場合でも再配達や、営業所引取りができます。

・食品添加物や保存料の使用が少ない

一般のお弁当は保存料や添加物が不通に普通に使用されていますが、冷凍のお弁当はほとんど使用されておりません。冷凍のため菌の増殖がないからなんです。

・時間の短縮

食事をお弁当にすることで調理時間だけではなく、買い物時間、後かたずけの時間も短縮できるため、ゆとり時間が大きく増えます。

冷凍宅配弁当のデメリット

・電子レンジが必須

冷凍のお弁当は食べるときに電子レンジでの温める必要があります。

業者に何件か問い合わせをしてみましたが、「自然解凍で食べることはおススメできません」という返事でした。

・冷蔵庫のスペースが必要

冷凍のお弁当は冷蔵庫内の冷凍庫に保管しなくてはなりません。

こちらに十分な保管スペースが無いと冷凍庫に保管できない事があります。

冷凍室の空き容量と注文数をよく確認しておく必要があります。

・温め方によってムラがある

お弁当のおかずの材料の大きさによって、最適な温め時間は違ってきます。

例えば、同じ容器のメインのハンバーグと、副食の野菜を同じ時間、電子レンジで温めるた場合ハンバーグが丁度よく温まるころには副食の野菜は加熱され過ぎ、カリカリになってしまうことがあります。

まとめ

以上、全国対応の冷凍の宅配弁当の比較を表にまとめてみました。

特に業者によって、コースや送料は違いますので、参考にはなるかと思います。

今後も分かりやすいページを目指して更新していきたいと思いますので、ご意見等ありましたら、コメント欄から送信していただけましたらありがたいです。

コメント

  1. […] (その他の業者別比較の詳細はこちらです) […]

タイトルとURLをコピーしました